男女

ワークフローを電子化

ワークフローシステムは、業務の流れを電子化することで、社内業務をスピーディーに推進できる仕組みを作り上げます。このシステムを導入することで、決済、承認が即座にできることになります。日々増える文書も、ワークフローシステムの中に保存すれば、紙文書は不要となり、経費と手間の削減にも寄与できます。

Menu

男女

管理を楽にしよう

面接用のシステムを導入することで人事管理などがとても楽になります。便利なものはどんどん導入しましょう。ただし、専門業者のものを導入するので、比較することが大切です。どんなものを導入すべきか比較検討が大事です。

メール

送信による問題

メールを利用する上において最も大きな問題としてあるのが、誤送信である。意図しない相手にメールを送ることで、問題となるケースがある。それらの対策として、誤送信対策ツールがあり再確認を促すなどにより誤送信を防止できる。

パソコン

ワークフローの電子化の際

ワークフローシステムは、業務負担の軽減に大いに役立ちます。ワークフローシステムを導入することで、決済、承認の作業がスピーディーになり、ペーパーレス化も実現します。しかし、書類の殆どがデータ化されるので、そのバックアップは重要です。サーバーダウンへの対処の工夫も必須事項です。

テレビ電話

オンライン化が進む傾向

面接はオンラインシステム化の傾向が出てきています。最大のメリットは手間とコストが大幅に削減できるというものですが、応募者側の間口が広がり新たなマッチング可能性が出てくるという魅力もあります。ただ直接会うことにまさるものはないので使う場面と職種は選ぶべきでしょう。

セキュリティ対策の方法

Eメール

誤った送信を取り消す

メールの誤送信対策は、セキュリティ対策面でも重要な課題でありますが、社員に対して周知しても中々誤って送信してしまうことが減らないものです。このようなメール誤送信に対して、仕組みの面から対策を行おうとする動きがあり、ソフトはもちろんサービスとしても用意されています。ここではこれらのソリューションをいくつか紹介を行い、自社に最も合うメール誤送信対策を見つけるきっかけにしていただくと良いです。まず最初にメールクライアントソフトを利用している場合、その機能として送信ボタンを押しても一旦未送信トレイに保存されるというものがあります。そこに保存された文面や宛先を見て、正しいものかどうかを判断してから、再度送信ボタンを押すというものになります。またメールシステムの中には、送信ボタンを押したあとでも、それを取り消すことで、誤送信を防止する製品も存在します。またシステム上のポリシーとして、社外ドメインに対するメール配信を許可しないということを設定できるものもあります。次にこれもクライアントソフト側の対策になりますが、アドオン機能という追加の小さなプログラムを実装して、誤送信対策を行うことも可能です。この小さなプログラムを自社にあった形で作成することで、送信時に宛先の再チェックを促したり、添付ファイルの確認を行うことも可能です。このようにメールの誤送信を防止するものとして、様々な仕組みが用意されていますが、社員のセキュリティ意識の向上が、最も効果の高い対策であることには変わりはないのです。