Menu

オンライン化が進む傾向

テレビ電話

メリットとデメリット

面接は採用活動に欠かせない手順です。会社は人なりという言葉があるように、企業の成長は人次第です。人の能力は履歴書などの紙面でははかれないものです。人間的魅力をはかるためにも、面接というシステムは必要不可欠なものです。近年の採用活動では、面接のオンラインシステム化が進んでいます。オンライン面接と呼ばれることもありますが、その名の通りネットを通じて面接を行うシステムのことです。スマートフォンやWebカメラなど様々なツールが使われます。このシステムが導入されたことにより、企業側も応募者側もコスト、手間が大きく削減できたというメリットがあります。面接を行うには企業か応募者が移動する必要があり、それに伴う移動のコストと手間、施設の準備、人的なコストと手間が必要でした。ですがオンラインシステムならばそのようなコストと手間を大きく削減できます。そのためより多様な人材を確認することができるようにもなりました。さらにオンラインシステムの導入により、応募者側の間口が広がったのもメリットです。遠方だから大変と思って敬遠していた企業にも応募するといった心理的変化が期待でき、新たなマッチングの可能性が出てきています。ただ、やはり直接会うことにまさるものではないので、面接の最終段階に使うのは推奨されていません。特に営業や総合職といった職種には直接面接がよいとされています。逆にエンジニアやプログラマーといっな職種には向いているとされているので使い分けることが大事です。