Menu

送信による問題

メール

再確認の重要性

企業においては、メールを活用してコミュニケーションを取ったり、顧客に連絡を行うことが日常的に行われている。これらのメール利用において問題としてあるのが、誤送信である。メールは宛先を指定して送信し、送信してしまうと取り戻せないことが通常である為、誤った内容を送ってしまいやすい。特に重要な情報を記載したり添付したメールを意図しない相手に誤送信してしまうと、取り返しのつかない問題に発展する恐れがある。その為、企業においてはメール誤送信対策は重要な対策にもなっている。メール誤送信対策では、専用のツールを導入することで行うことが一般的である。これらのツールでは、送信ボタンをクリックした際、メール内容をチェックし機密情報が含まれたメールでないかのチェックが行われる。機密情報が含まれている場合には、宛先とした相手に本当に送信してよいか再度確認させるメッセージを表示したりできる。また、送信前に再度宛先を確認させて、送信ボタンを押させるなどの対策が取られている。さらに、重要情報を含むメールでは送信させないなどの対策を行うことも設定でできるものもある。これらの誤送信対策を行うことで、重要な機密情報が外部に送らせないことや、意図せず送ってしまうということを防止できる。特に、個人情報を含むメールを不特定多数に送ってしまうなどで社会的な問題に発展することがある。それらを扱う企業では特に誤送信対策は重要な対策となる。